ノルウェー:Skåtøy2015年8月14〜16日、De-GummingSilkによるSumiInk&Patternのブラッシュアップ

機械翻訳されたテキストについてのメモです。表現を教えてください。

シルク、レーヨン、コットン、リネンにマークを付けるためのブラシや手作りの道具によるエキゾチックでユニークな表現。

Jorieのノルウェーでの唯一のワークショップは、May J.Hvistendahlが主催する美しいSkåtøy島で行われます。

植物染料の中には、白、黒、茶色の3つの見落とされている色があります。脱ガムシルクを通して、白と柔らかいパステルで繰り返しパターンを作成します。さまざまなツールやブラシを使用して日本のスミインクを適用することにより、綿、絹、麻、レーヨンなどの生地の個人的なマーキングにさまざまな黒の濃い色から薄い色の色合いを実現します。また、着色剤やシーラントを発酵させた柿タンニン(柿節)を仕上げに塗ることで、さらに魅力的で力強い仕上がりに!すべてのレベルの天然染色剤とフェルトメーカーを歓迎します。

47_SumiWrap1Skirta58_SumiSilkSeriesBeretVest2009aSumiSilka

オリジナルの生地のパレットを作成した後、参加者はフレーミングに適したショールまたはアートワークを開始するように促されます。

情報と予約については、May Hvistendahlまでお問い合わせください:may@filtmaker.no

場所:Skåtøyveien180、SkåtøyN-3738

 セル:+ 47-9168-2822
トップにスクロールします