ジョリージョンソン 彼女のユニークな手作りのウールフェルト作品のデザイン、制作、着用を楽しんでいます。 1977年にスカンジナビアのフェルトブーツの作り方を学ぶことでフィンランドの伝統的な織物技術を紹介されたジョリーは、フェルトの魔法と力にすぐに魅了されました。

ジョリーは羊毛と繊維の商人の家で育ち、RISD(アメリカ)とKOTO(フィンランド)で産業用テキスタイルデザインを学びました。 1987年に気まぐれな3か月の日本ツアーをしているときに、彼女は12週間では十分ではないと判断し、それ以来ずっとそこに住んでいます。彼女がテキスタイルスタジオを再建し、JoiRaeという名前を商標登録したのは日本の京都でした。

ファッションとインテリアの工業用テキスタイルデザイン(織りと印刷)を研究した後、ジョリーはフェルトメイキングの伝統的な媒体を通して繊維の彼女の互換性のある表現を見つけました。

シルク、レーヨン、モヘアなどのさまざまな素材をフェルト製品に取り入れた、豊かな色と重ね着のテクニックの彼女の組み合わせは、目の肥えたコレクターのための暖かく、ユニークな秋、冬、春の服とアクセサリーをもたらします。

Jorieは、8000年前の中央アジアのフェルト製造技術の革新的な表現を開発しました。これは、人間が最初に作成したテキスタイルであると感じました。ジョリーは、世界中のギャラリー、ショップ、美術館で彼女の現代的なフェルトワークを展示しています。

ジョリーは通常、春学期にスタジオでの仕事を休み、さまざまな機関で講義を行います。彼女は京都芸術大学のテキスタイルデザイン学部で非常勤講師を務めています。夏の間、京都の暑さと湿気から逃れるために、彼女はさまざまな文化からの伝統的なフェルトについてもっと学ぶために研究遠征に出かけます。彼女は国際的なフェルトシンポジウムに出席し、フェルト製造における現代の表面技術とデザイン技術の開発についてのワークショップを行っています。

選択した履歴書

教育

1983-1984アールト芸術デザイン大学(旧ヘルシンキ芸術デザイン大学UIAH)、フィンランド、インテリア建築学科
1977-1978Pohjois-Savo Polytechnic、クオピオデザインアカデミー(旧KOTO)、フィンランド、テキスタイルデザイン部門
1976-1977 ロードアイランドスクールオブデザイン、RI、米国;テキスタイルデザイン学科
1972-1974米国マサチューセッツ州ウィートン大学;スタジオアーツ、幼児教育、フランス語を含むリベラルアーツ

重要なマイルストーン

2000年-現在京都造形芸術大学テキスタイルデザイン学科非常勤講師。フェルトメイキングの技法。
多摩美術大学でのセミナーも開催。東北芸術工科大学、山形。東京造形大学、東京。文化学園東京
2007Fabulous Felted Scarves、Lark Books、Sterling Publishers、USAの共著者
2006Feltmaking and Wool Magic、Contemporary Techniques and Beautiful Projects、英語版、Quarry Books、Quayside Publishing Group、米国(エストニア語版、Tormikiri 2009)
1999フェルトメイキングの著者– Wool Magic、Seigensha、Kyoto(3番目の印刷2001.5)
1997-1999京都芸術短期大学、非常勤講師、繊維・ファッションデザイン学科。フェルトメイキング。
1997JOI RAE TEXTILESの商標を取得、日本。
1988年-現在日本の京都に住み、働いています。テキスタイルデザインスタジオと展示作品の制作。日本および世界中の教育機関や私立学生向けのさまざまなフェルトメイキングワークショップの講義と指導。日本の伝統と現代のテキスタイルを研究しています。
1985-1986フィンランドのヘルシンキにあるアールト芸術デザイン大学(旧UIAH)。テキスタイル部門の印刷マスターとティーチャーズアシスタント。捺染工房の総合管理。
 1984-1985 フィンランド、クオピオのサボニア応用科学大学(旧KOTO)のクオピオデザインアカデミー。シルクスクリーンや特別な印刷技術のインストラクターを含む、織物やプリント生地のテキスタイルデザインのフルタイムの教師。
1979年-現在 米国マサチューセッツ州ボストンに設立されたJoiRaeTextilesのプリンシパル。ユニークな手作りのファブリック、アクセサリー、カーペットを専門とするテキスタイルデザインスタジオ。
1978 フィンランド、ヘルシンキのマリメッコオイ。専門家の支援と最終的な衣服への建設を伴う、さまざまな色の方法での生地生産のための作業/研究プログラム。
1977 Cone Mills Marketing Co.、NYC。、USA Women's and Children'sWearテキスタイルデザインスタジオでの仕事/研究プログラム。描画テクニックとカラーウェイ。

プライベートコレクション

スミソニアンクーパーヒューイット国立デザイン博物館、ニューヨーク、米国山本寛斎、東京、日本
デヤング美術館、サンフランシスコ、アメリカデンバー美術館、コロラド州、米国
ボストン美術館、ボストン、アメリカヌーノ株式会社、日本
岩立フォークテキスタイルミュージアム、東京、日本ビクトリアアンドアルバート博物館、ロンドン、英国

出版物

を参照してください。 出版物.

厳選された個展

2013「Wind Shields」ジョリー・ジョンソン展、ギャラリー西川、京都。 「絡み合う、ジョリー・ジョンソン展」ギャラリー桔梗、東岡崎、愛知
2003 「ジョリー・ジョンソン」、ギャラリー総風、静岡、日本
2002「WoolMagic」、Gallery Sou、仙台、日本
「パッション」、ワコール銀座アートスペース、東京、日本
「原則」、エクリュ+ HM、銀座、日本
2001「neXus」、GalleryGallery、京都、日本
「ジョリー・ジョンソン」ギャラリー西川、京都、日本
「シームレス」、ワコール銀座アートスペース、東京、日本
1999「カラーフォームエクスプレッション」ワコール銀座アートスペース、東京、日本
「トラベルテイルズ」ギャラリー西川、京都、日本
1998 「フェルトハットとアクセサリー」、ヒポテシ、バルセロナ、スペイン
1997「ウェルカムウィンター」ギャラリー西川、京都、日本
1996 「カモフラージュの華やかさ」、ワコール銀座アートスペース、東京、日本
1983「壁の敷物または床の敷物」StockmannOY、ヘルシンキ、フィンランド

選択したグループショー

2011動物繊維:アートが絞りに通知、8ISS、香港デザインインスティテュート
2002Japan Creations 2003、テキスタイルコンテスト、東京、日本「New Waves:New Techniques、New Materials」(最優秀賞)HGA Convergence、バンクーバー、カナダ「FeltCrossingBorders」、アートライフ光橋、京都、日本
2001Japan Creations 2002、テキスタイルコンテスト、東京、日本
「秘密のメッセージ、聖なるポータル」、サンタフェウィービングギャラリーの第20回招待ショー、ニューメキシコ州サンタフェ、米国
日本工芸2001展('00、'96 -'93、)東京、大阪、福岡、日本
2000Japan Creations 2001、テキスタイルコンテスト(日本テキスタイルデザイナー協会賞)東京、日本
2000-2003ドイツとフィンランドを巡回する国際展「EuropeanFeltArt」
2000-2001 「新しい方向性-フェルト職人の芸術」、英国を旅する国際展示会
1999第6回国際繊維コンクール(ITF)、京都文化博物館、京都
1998「小さな表現」、アトランタ国際博物館、ジョージア州アトランタ、米国「Virtuoso Fabrics Exhibition」、米国ジョージア州アトランタ
1997「In-vestments」および「TheBodyEclectic」、Spruill Center for the Arts、ジョージア州アトランタ、米国
1996「HatToss:A Celebration of Hats」、Joanne Rapp Gallery、アリゾナ州スコッツデール、米国
「よろしくお願いします。」フランス、シャゼルシュルリヨンのルミュゼデュシャポー
ファンタスティックからファンタスティックまでの「ヘッドライン」コンテンポラリーヘッドウェア、コリンズギャラリー、グラスゴー、スコットランド
「フェルトメイキングの新しいビジョン」、Anne Kaiser Gallery、クール、スイス
1995テキスタイル'95ミニチュア作品、日本の現代美術、ギャラリーギャラリー、巡回展日本、カナダ、オーストラリア
1994「フェルトエキゾチカ」、カナダ、ブリティッシュコロンビア州キャッスルガー、ナショナルエキシビションセンター
「FeltDirections」、コリンズギャラリー、グラスゴー、スコットランド、ムーゾン、フランス
1993('90)朝日現代工芸展、大阪、東京、日本
1992テキスタイルミニチュア作品、日本の現代美術、ギャラリーギャラリー、日本、ベルギー、カナダ
「陶磁器、フェルト、金属」伊丹工芸センター、伊丹、日本
1992伊丹クラフトコンペティション('91、'90)、伊丹、日本

キャリーワークスまたはジョイレイテキスタイルを代表するショップ

ショーケースギャラリー、GalleryGallery、京都、日本
メアリーイエーガー、ニューヨーク、米国によるテキスタイルのデザイン
InStore、LongHouse Reserve、イーストハンプトン、ニューヨーク、米国
HunderwasserKunstHaus、ウィーン、オーストリア
MAD(旧アメリカンクラフトミュージアム)ショップ、ニューヨーク、アメリカ

2002New Waves:New Techniques、New Materials、(First Prize)HGA Convergence、Vancouver、CanadaNew Materials、(First Prize)HGA Convergence
2001ジャパンクリエーションズ2002テキスタイルコンテスト(一等賞)東京
2000ジャパンクリエーションズ2001テキスタイルコンテスト(日本テキスタイルデザイナー協会賞)東京、日本
1998Virtuoso Fabrics Exhibition(First Prize)WGA Convergence、Atlanta、Georgia USA
1993高岡工芸コンクール(審査員賞)高岡県
1993ファーマーズファッションデザインコンペティション(アウターファブリックトップアワード)多摩、日本
1993ニュージーランド国立ウールクラフトフェスティバル展(ウールのベストワークに対するウールボード賞)ウェリントン、ニュージーランド

シンポジウム

2012アメリカ繊維協会、 テキスタイル&政治、米国ワシントンDC、ワークショップリーダー
2011第8回国際しぼりシンポジウム8ISS、 創造性によって形作られたテクノロジー、香港理工大学、招待ワークショップリーダー、動物繊維の展示共同キュレーター:Art Informs Shibori
2001国際フェルトシンポジウムと展示会、ビシュケク、キルギスタン
2000「フェルトワークス-21世紀に入る」デンマーク、スカルズの招待講師、講師、展示メンバー
1999「真夜中の太陽の放浪を感じた」フィンランド、ヤムサの招待講師
1998International Textilfest、招待講師、Waldviertal、オーストリア「HatVariation's」、招待アーティスト兼展示メンバー、Lenzen Filtz Manufaktur、Lenzen、ドイツ
1997「MakeFriends」、第1回ジョージア繊維シンポジウム、講師兼展示メンバー、トビリシ、ジョージア共和国
1996 国際フェルトシンポジウム参加者、スイス、クール
1995モンゴルフェルトIIの芸術家と民族誌学者、招待講師、ウランバートル、モンゴル
1994「フェルト、遊牧民のテントからオフィスのオアシスまで」招待された家庭教師兼展示メンバー、オランダの織物博物館、ティルブルフ、オランダ
1993 「FeltCrossingBorders」、招待された家庭教師と巡回展、ノルウェーのハーマル、フィンランドのクオピオ
1992ベルリーナー・フィルツシンポジウムI、アーティスト・イン・レジデンス、レンツェン・フィルツ・マヌファクトゥール、レンツェン、ドイツ
1991「ExperimentalFeltWorks」、Musee de Feutre、招待アーティスト、ムーゾン、フランス
1990国際フェルトシンポジウムと審査員展、オーフス、デンマーク。インターナショナル フェルト キャンプ、コロ、スウェーデン
1987 国際フェルトシンポジウム、ケチケメート、ハンガリー
1986国際フェルトシンポジウム、ケチケメート、ハンガリー
トップにスクロールします