メキシコ:オアハカブラック、ホワイト、インフィニティ2016年11月12日〜14日

機械翻訳されたテキストについてのメモです。表現を教えてください。

第10回国際しぼりシンポジウム(10ISS)では、半日で3回のワークショップを開催し、オーガンザのホワイトニング(脱ガム)によるマークの作成と、布地への水墨画を紹介します。生地サンプルのパレットを作成した後、カラフルなウールでさらに装飾します。少しの経験の後、スカーフ、ラップスカート、ベレー帽、額入りアート作品などのユニークなフェルトアイテムにそれらをいっぱいにすることができます。私たちはこの集中的な勉強を一緒に行い、プロジェクトのサンプルを開始して、後で自宅で自分の速度で完了することを期待しています。

3 Jorie Johnsonとの半日ワークショップ: 「スミインク、シルク、フェルト」 *順番待ちリストを開く*

11/12 – 11/14 | 14:00 – 17:30 | CASA | $275(+ $25材料費)

あなたの指先で興味深い生地の貴重な供給を持っていることは、新鮮でエキサイティングな作品をデザインするための鍵です。このワークショップでは、天然染料のクラスでは一般的に教えられないスキルを扱いますが、個人の署名を含む複雑なデザインのレイヤーを作成するために不可欠です。セリシン消去を施したシルクにクランプ圧縮を採用して繰り返しモチーフを作成し、カーボンスミインクを布に適用する方法を学び、伝統的なフェルトメイキングによって立体的なカラフルな装飾を作成します。各半日のクラスは、小さなフェルトのスカーフを作成するために、デザイン要素(色、テクスチャ、線)のレイヤーを構築することに焦点を当てています。

経験:初級から上級

連絡先: 10回目のISS

Time Souvenir II, 2015 Wool, Sumi Ink on Silk
タイムお土産II、2015年
ウール、シルクのスミインク

 

Black, White & Infinity in Feltmaking Workshop by Jorie Johnson in Perth, Scotland
スコットランド、パースのJorie Johnsonによるフェルトメイキングワークショップでの黒、白、無限
Surface Design Journal cover with JRTex Sumi on Silk Garments
シルクの衣服にJRTexSumiを使用したSurfaceDesignJournalの表紙

 

トップにスクロールします